実際に不動産に訪問して学んだこと

賃貸での部屋探しや住宅購入の相談先として多くの人が真っ先に思い付くのは不動産屋さんだと思います。
私も住宅の購入を検討していて、多くの不動産屋さんを訪問しました。
住宅購入の相談の場合、賃貸と比較して敷居が高い印象でしたが実際に訪問してみると不必要に構える必要はありませんでした。
最初に予算や間取り等の様々な条件を聞かれますが、はっきりと決まっていない条件があっても問題なく、決まっている条件で物件を探してくれます。
予約なしで訪問しても基本的には対応してくれるし、物件も時間が許す限り案内してくれます。
ネットで物件情報を検索することも出来ますが、ネットの情報で得る物件のイメージと実際に物件まで足を運んだ時に受けるイメージでは大きく差があることもあります。
また同じ物件でも担当者によって、住宅設備のことを詳細に説明してくれる方や小学校や病院などの近隣情報に詳しい方など様々な方がいらっしゃいます。
物件を探す時に自分にとって有益な情報を得るためには、ネットだけではなく多くの不動産屋さんに足を運ぶことが大事であることを学びました。
百聞は一見に如かずと言いますが、賃貸での部屋探しや住宅購入をご検討されている方は不動産屋さんを訪問することをお勧めします。